CHIKUDEN.info

スマートの電気自動車モデル。

  • 試験導入がイギリスで開始。
  • イギリスのザイテック(Zytec)が開発したモーターをスマート『フォーツー』に搭載。
  • 当面は100台限定の試験運用で、100台のうちの最初の1台が、2007年末、英コベントリー市役所にリース。
  • スマートEVのパワーユニットの出力は30kWで、最高速度は60マイル/h(96km/h)。
  • 街乗りで頻繁行われる0-30マイル/h(0-48km/h)加速は6.5秒。

ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表 anchor.png Edit

ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表

ダイムラーは、コンパクトな電気自動車「スマート・フォーツー エレクトリック ドライブ」の量産計画を発表した。


ダイムラーによれば、ドイツの都市生活者の1日あたりの平均移動距離は30-40km。この程度の走行であれば3時間ほどで充電可能。空になっても一晩充電しておけば満充電にできるという。

Page Top

リチウムイオン電池搭載、航続距離は115km anchor.png Edit

スマート・フォーツーのEV仕様「スマート・フォーツー エレクトリック ドライブ」(以下スマートEV)の新型が本国で発表された。初代スマートEVは、2006年のロンドンモーターショーでデビュー(関連記事)し、主に研究車両として利用されてきた。今回発表になった2世代目モデルは、量産を前提に開発されたものである。


新型では、ベース車両が現行プラットフォームに切り替わっているほか、搭載するバッテリーも新しくなった。居住スペースを浸食しないように床下に確保される電池用スペースには、これまでのニッケル水素式からリチウムイオン式に切り替わった、蓄電容量14kWhの二次電池が搭載される。


モーターは従来モデルと変わらず、最高出力40.8ps、最大トルク12.2kgmを発生する。航続距離は115km/h。0-60km/h加速=6.5秒という数値に表れているとおり、加速性能はガソリンモデルと遜色ないという。


ランニングコストは、割引料金が適用される時間帯に充電した場合、100kmあたり2ユーロ(約268円)ほどという。


2009年11月よりフランスのハンバッハの工場で生産を開始し、初期段階では限られた台数を4年/6万kmのリース契約で販売する。量産準備が整うのは2012年とのこと。

Page Top

スマート EV、11月から生産…100km走って電気代270円 anchor.png Edit

スマート EV、11月から生産…100km走って電気代270円 | Response.
response.jp_249367.jpg

ダイムラーは20日、スマート『フォーツー』のEV仕様、『フォーツーed』(エレクトリック・ドライブ)の生産を、11月の半ばからフランス・アムバッハ工場で開始すると発表した。


ダイムラーは2008年9月、スマートブランドの誕生10周年記念式典を実施し、現行フォーツーのEV仕様を初公開。ダイムラーは2006年、初代フォーツーをベースにしたEVを100台試作し、英国ロンドンで実用化に向けた実証実験を行ってきた。2代目フォーツーがベースのEVは、バッテリーをニッケル水素からリチウムイオンに変更し、さらに実用性を高めている。


リアに置かれるモーターは、41ps、12.2kgmのスペック。リアアクスルにレイアウトする2次電池は、提携関係にあるテスラモータースから供給を受けるリチウムイオンバッテリーで、蓄電容量は14kWhだ。


フォーツーedは、0-60km/h加速6.5秒と、ガソリン仕様のフォーツーと同等の加速性能を実現。最高速はリミッターにより、100km/hに制限されるが、シティコミューターとしては必要十分な性能だろう。


充電は家庭用の220Vコンセントから行い、5割程度の充電なら約3時間、一晩あればフル充電が完了する。フル充電時の最大航続距離は約115km。ダイムラーは「都市生活者の1日当たりの平均走行距離、30 - 40kmを満たす」と説明している。


また、維持費の安さはEVならではだ。ダイムラーの試算によると、電気代が安い夜間に充電すれば、100km走行当たりの電気代は2ユーロ(約270円)で済むという。他にもEVに対しては、各国政府が優遇税制適用や補助金支給を予定しており、メリットは大きい。


フォーツーedは、クーペとカブリオレの2ボディが用意され、11月の半ばからフランス・アムバッハ工場で1000台を生産。今年末から、ドイツ・ベルリンで行われるEVの大規模実証実験、「eモビリティ」に参加する顧客に4年間、走行距離6万kmをメドにリースされる。


同様の実験は、ハンブルク、パリ、ローマ、ミラノ、マドリード、米国などでも計画。ダイムラーは「2012年にはEVの量産体制に入る」と、EV普及に向けた意気込みを語っている。

Page Top

スマートが電気自動車に!「スマートev」発表 anchor.png Edit

【ロンドンショー2006】スマートが電気自動車に!「スマートev」発表
www.webcg.net_0000005811_R000164993.jpg

2006年7月18日、「2006年英国国際モーターショー」(2006 British International Motor Show)の会場で、「スマート・フォーツー」の新顔がお披露目された。ずばり、「スマートev」、電気自動車スマートである。


この「スマートev」だが、カタログモデルではなく、マーケットトライアルとしてイギリスに投入されるもので、200台が任意の企業にリースされる。


パワーユニットは30kW(約40.8ps)を出力。ドライブトレインはイギリスのザイテック・グループが手がけたもので、最終的な組み立ても同国で行われる。
最高速は70mph(約112km/h)。街なかで繰り返される0-30mph(約48km/h)加速は、内燃機関スマートを上回る6.5秒というパフォーマンスの持ち主だ。


ちなみに、2000年のローンチ以来、イギリスでは4万台以上のスマート・フォーツーが販売されたという。


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 885, today: 2, yesterday: 1
Last-modified: 2015-07-20 (Mon) 12:16:47 (JST) (1682d) by chikuden

ニュース記事の検索