CHIKUDEN.info

大阪EVアクションプログラムで、EVドライバーが府域を安心して走行できるよう、20基の急速充電設備を整備することを目標として掲げ、利便性などの観点から効果的な配置を行う。

  • 「EVリーディング都市大阪」を目指す取組み第三弾!「おおさか充電インフラネットワーク」が本格稼動します。

    大阪府では、電気自動車(EV)を核に産業振興を図っていくため、平成21年6月に「大阪EVアクションプログラム」(別紙1参照)を策定し、様々な取組みを進めています。


    このたび、府域に設置される計18基の充電設備を活用し、世界初の取組みである「おおさか充電インフラネットワーク」が本格稼動します。


    このネットワークは、ITを活用することによって、メーカーや機能の異なる充電設備を一元管理し、充電サービスの管理や情報提供の共通化と、携帯電話を用いた充電サービスの予約を可能とするものです。この機能は、例がなく、世界初の取組みです(別紙2,3参照)。


    また、ネットワークの本格稼動にあたり、3月26日(金)に咲洲のアジア太平洋トレードセンターにおいて、記念セレモニーを開催します。


    当日は、カードを使った急速充電器への認証やEVへの急速充電を実際に行います。


    今後、EVドライバーが利用しやすく、安心して走行できるようになるこの仕組みを、大阪発の充電インフラモデルとして世界に発信して参ります。''


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 610, today: 2, yesterday: 0
Last-modified: 2015-07-20 (Mon) 12:16:47 (JST) (270d) by chikuden

ニュース記事の検索